女の子ランドセル一覧

男の子ランドセル一覧

女の子ランドセル

男の子ランドセル

ふわりぃのこだわり

ふわりぃランドセルはお子様が学校生活を快適に送れるようこだわりがつまっています。

女の子ランドセル一覧

男の子ランドセル一覧

女の子ランドセル

男の子ランドセル

ふわりぃのこだわり

ふわりぃランドセルはお子様が学校生活を快適に送れるようこだわりがつまっています。

Uランドセルについて

障がい児用オーダーメイドUランドセルは、一人でも多くのお子さまにランドセルを背負ってもらいたいという、
ランドセルメーカーとしての協和の願いのもと、試行錯誤の末、完成した製品です。
Uランドセルの「U」はユニバーサルのU!軽くてスタイリッシュなだけでなく、使いやすさ背負い心地を追求しました。
小さな力でも扱えるようなラクラク操作や、カンタンに使える機能をいろいろお選びいただけます。
現在もご使用いただいているお子様や親御様の声に耳を傾け、より使いやすいように、ほぼ毎年、新たな工夫や改善を重ねています。

私たちは、70年間ランドセルを作っている会社です。

今は、障がいのある子のためにも、無い子のためにもランドセルを作っていますが、

以前は、障がいの無い子のためだけのランドセルを作っていました。

小学1年生になる子ども達の中には、いろんな障がいを持った子もいるという、

こんな当たり前のことに20年前までは、考えが及びませんでした。

きっかけは、あるお母さんからのお電話でした。

とにかく軽いランドセルが欲しい、お店で売っているようなものでは、だめだというのです。

よくお話を伺ってみると、今度1年生になるお子さんには障がいがあって、

普通のランドセルでは、うまく背負えないし、重過ぎるとのことでした。

そこで材用や作り方を工夫して、その当時の一般的なランドセルより300グラム以上軽くし、

身体に合うように肩紐の形や機能を工夫しました。

そして新学期が始まると、お子さんは、私達の作ったランドセルを背負って、元気に学校に通ってくれました。

このことをきっかけに、私達は、障がいを持つお子さんのためにもランドセルを作ることに決めました。

そして、障がいを持つお子さんがどの位いらして、学校へはどうやって通っているかなど調べ始めました。

当時の厚生省を始め、色々な機関に問い合わせましたが、詳しい状況は分かりませんでした。

そんな中、「全国肢体不自由児者父母の会連合会」という支援団体があることもわかり、

だんだんと情報も得られるようになって、私達の「障がい児用Uランドセル」の研究、開発も進みました。

UはユニバーサルデザインのUです。

2000年頃からは毎年、200人以上の障がい児用のランドセルを作るようになりました。

2004年には、日本グッドデザイン賞にも選ばれました。

障がい児用ランドセルは、基本的に1つ1つが、それぞれの障がいに応じたものですから、すべてオーダーメイドです。

私達の基本モデルでは対応しきれない、特殊なケースもあります。

何度も作り直すこともあります。しかし価格は、一般ランドセルと同じに設定しています。

お子さんも、ご家族の皆さんも、ランドセルを背負って小学校に通われることを本当に楽しみにしておられます。

ですから、どんなに難しいランドセルでも、作れませんとお断りしたことは一度もありません。

障がいのある子もない子も、みんな元気な1年生として、ランドセルを背負って学校に行ってもらいたいからです。

これまで愛され続けて5000個以上

2004年度 グッドデザイン賞受賞

ふわりぃ障がい児用オーダーメイドUランドセルはグッドデザイン賞を受賞しています。
2000年の販売開始以来、改良を重ね、ご好評いただいているふわりぃ障がい児用オーダーメイドUランドセルは、
社団法人日本産業デザイン振興会が主催する「2004年度グッドデザイン賞」(Gマーク)を受賞しています。
このランドセルは、本体にさまざまなパーツを選び、身体機能や使用環境に合わせたオーダーメイドが可能な軽量ランドセル。
肩ひもが肩からズレ落ちないようにした「背負いズレ防止ベルト」や、車椅子に掛けられ、かつ取り外し可能な「車椅子フック用ループ」、
開閉錠には金具ではなくマジックテープを選べるなど、安心して使える障がい児用ランドセルを目指し、
デザイン性だけでなく操作性、耐久性、安全性を追求してきました。
使い手の側に立った設計思想と、トータルで調和のとれた商品開発により、
世界的に権威のある「グッドデザイン賞」の受賞が実現したのです。