オーダーメイド

オーダーメイド

Copyright © 2005-2018
fuwarii randoseru All rights reserved.

SDGsの取り組み

ふわりぃのSDGsの取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2030年までに持続可能でよりよい世界を実現するための国際行動計画です。貧困・福祉・教育・気候変動など17のゴール・169のターゲットで構成されています。
ふわりぃは、「一人でも多くのお子さまにランドセルを背負ってもらいたい」というランドセルメーカとしての願いのもと、ランドセル寄付支援活動をはじめ、事業を通じた様々な活動を進めるとともに、持続可能な世界に向けて、取り組んでいます。
SUSTAINABLE DEVELOPMEN GOALS

主な取り組み

協和ふわりぃ基金設立とランドセル支援活動

2011年、東北地方に東日本大震災が発生し、多くの方が被災される中、小学校に通われている児童のランドセル、そして入学を控えたお子さまがご準備されたランドセルもまた被災しました。そうした中「困っている人がいるならば私たちのできることをしよう。」そうしたシンプルな考えから、この活動はスタートしました。そこから毎年起こる災害で被災されたご家庭、更には生活が困窮しランドセルの購入が困難なご家庭の子ども達を対象に続けております。
ふわりぃ基金
  • 貧困をなくそう
  • すべての人に健康と福祉を

被災地支援

2011年、東北地方に東日本大震災が発生し、地元の特産品も大きな被害を受けました。
「当社として貢献できる事を探す、当社の身の丈にあった価値のある活動を行う、そして一度始めたら継続する」この三点をしっかりと実現する事を基本に支援活動を行う中、特産品においても当社が毎年千葉工場で開催する「大創業祭」の会場で販売を行い、売上金の全額を生産元へお贈りしています。
  • 貧困をなくそう

ペットボトルキャップ、使用済み切手回収活動

「出来ることから社会貢献を」の意識で社内にてペットボトルキャップの回収箱を設置、集めたキャップをNPO法人エコキャップ推進協会を通じて新薬開発、障がい者・高齢者雇用促進などに役立てられています。
また、同様に使用済み切手を回収し社会福祉法人 千代田区社会福祉協議会へ寄付することで千代田区の社会福祉活動に貢献しております。
  • すべての人に健康と福祉を

全国肢体不自由児者父母の会連合会、先天性四肢障害児父母の会への寄付活動

1982年から毎年開催し、地元の数多くの方が参加され地域密着型のイベントになっている「千葉工場大創業祭」。この会場で社員から提供された品物の売上金、社内募金、そして講演会の際の講演料等を全て保管し、障害のある児童のために活動されている父母の会に対し、ものだけでなく活動費としての寄付も続けてまいります。
  • すべての人に健康と福祉を

障がい児用ランドセルを積極的に製作、開発(2004年グッドデザイン賞受賞)

市販のランドセルでは少し使いにくい、でもあこがれのランドセルを背負いたい、という思いを実現し、本当に使いやすいランドセルを作るお手伝いをさせていただきたいと願い、2000年から続けています。私たちは「製品を通じてお客様の幸せに貢献したい」と考えます。障がいがあっても少しの工夫や我々の技術で体に無理なくランドセルを楽に使っていただくため、これからも積極的に続けてまいります。
Uランドセルについて
  • すべての人に健康と福祉を

ランドセルを通じ、子どもの健やかなる健康と成長を目的とした活動

2003年、「ランドセルを通じて小学生のためにできることを実現する」という思いから「未来へつなぐタイムレター」を始めました。タイムレターとは、新入学のランドセル購入時に親御さんからお子様に宛てたお手紙を協和で約2年間お預かりし、3年生に大きく成長した子に向けて返送するお手紙のタイムカプセルです。3年生の頃はまだまだ成長の途中で心の揺れ動く大事な時期。協和では、健やかな成長をずっと見守り続けます。
  • すべての人に健康と福祉を

障がい者、高齢者雇用の取り組み

グループ内で現在9名の障がい者が勤務しています。(身体障害 7名、精神障害 2名、グループ内の3.5%)
作業補助具等を作って一人一人障害の特性や個性に応じて仕事に取り組んでおります。
  • すべての人に健康と福祉を

高齢者の継続雇用

現在60歳以上の従業員は67名(全体の18%)、70歳以上の従業員は18名(全体の5%)在籍しており、豊富な経験・知識・技術を伝承することで若手中堅従業員のスキル向上、人材育成につながっています。
  • すべての人に健康と福祉を

電力消費削減の取り組み

無駄な電力を消費しないためにオフィス内での電力消費8%削減を目標値と定め、電力消費量モニタリング機器を設置し、エアコンの温度管理や未使用のフロアーを消灯、エレベーターの使用を控えるなど電力消費削減に取り組んでおります。
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに

リサイクルへの取り組み

社員全員でゴミの削減を意識し、社内で生じる廃棄物においてリサイクル可能な段ボール、紙、プラスティックの分別を徹底しています。段ボールは年間70t(2020年実績)をリサイクルしています。使用済み封筒も事業所間での郵便のやり取りで再利用するなど、ごみの削減に取り組んでいます。
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに

毎年10月に、当社千葉工場で大創業祭(バザー)を開催

千葉県野田市にある当社のランドセル工場では、1982年より毎年10月に大創業祭を行っております。
当社が長年にわたり事業を発展してこれたのは、地元地域に皆さまのご理解とご支援、そしてご協力あっての事であるという思いから、そうした日ごろお世話になっている地域の皆様へ対する感謝の気持ち、喜んで頂きたいお思いを形にするために開催しています。10月第三週の(土)(日)二日間限定で工場を開放し、当社製品を卸価格で販売、また模擬店を出展したり、お取引先様からの参加もあったりと大変にぎやかなイベントを開催しております。
  • 住み続けられるまちづくりを

次世代育成支援行動計画

当社では女性社員は育児休業取得率100%、男性社員の育児休業取得を促進しております。※男性社員 2020年度実績 1名取得(期間6か月)
また、地域の子供たちへの教育支援を積極的に行っています。工場見学、職場体験、インターンシップ、トライアル雇用の受け入れ、学校行事などへの協力など様々で次世代を担っていく子供たちの健やかな成長を応援しています。
  • 住み続けられるまちづくりを

エコ活動への取り組み

環境対策としてVOC(揮発性有機化合物)削減に向け、有害物質を含まない溶剤への代替を進めています。
トルエンやノルマヘキサンを含まない接着剤を使用するなど、安全性の向上や環境への配慮に取り組み、人と環境に優しいものづくりを推進しています。
  • つくる責任 つかう責任